ほんのちょっとの出来事で喜べる自分でいたい

ほんのちょっとの出来事で喜べる自分でいたい

お正月休みや大型連休などを楽しみにしている人も、少なくないでしょう。
ふだん、かぎられた休暇しか取れない人にとっては、旅行をしたり、山登りをしたり、ふだんできないことができる絶好のチャンスですからね。

でも、せっかくの連休が、天候が悪く、晴れたのがたった1日だけだったとしたら、どうでしょう。
しかも、休みだというのに、仕事で緊急の案件が出てきて連絡が入ってきたり、悪天候で遠出をあきらめつつ、せめて外食でもしようと思って入ったレストランの味があまり良くなかったり……。
まさに踏んだり蹴ったりで、せっかく楽しみにしていた連休の期間が台なしにされたような気分になって、落ち込んでしまいます。
それどころか、「もう二度と、連休なんてアテにしないようにしよう」と意固地になってみたり……。

欲を張らず、望みすぎず

家はらぬほど
食事は飢えぬ程にて足る事なり

これは、茶人・千利休の言葉です。「家にしても家事にしても、贅沢を言えばきりがない。雨漏りをしない程度の家、ひもじくないほどの食事が体に良い」という意味で、あまり欲を張らずに、多くを望みすぎない生き方をするほうが良いと言っているわけですね。

先ほどの連休をフイにされたたとえで考えれば、たとえ条件に恵まれなかったにしても、そのうち1日だけでも晴天に恵まれて、思いきり、伸び伸びと外の空気を吸うことができたことを喜ぶことが大切ですよね。雨の日が続いて家にいたとしても、その間、ふだんはできなかったような考え事をすることができて、今後の自分に活かせるかもしれません。
仕事の件だって、休みを邪魔されたように思えても、もし連絡が取れなかったら大変なことになっていたかもしれません。事なきを得て良かったと思うべきでしょう。
たまたま入ったレストランの味が悪かったけれど、お店を選ぶ、ふだんではできない良い勉強ができたと思えば、むしろ良かったこととしてとらえられるはずですよね。

同じような条件で、同じような体験をしたとしても、利休の言葉にあるような心構えができている人と、そうでない人とでは、それを受け取る心の状態がまるで違うものになるわけですよね。

プライベートにせよ、仕事にせよ、物事に対して初めから大きな期待をせず、決して欲を張らずに、ほんのちょっとでも素敵な出来事があったら、それを心から喜べる人でありたいですよね。
まさに「足るを知る」人というのは、そんな人のことです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る