ふだんどおりの業務を「たんたん」とこなす

ふだんどおりの業務を「たんたん」とこなす

リオのオリンピックが閉会を迎えました。
今年は日本最多のメダル数を獲得したとのことで、国内でも盛り上がりをみせましたね。
全世界が見守る中で、自分の持ちうる最高のパフォーマンスを発揮して好成績を残さなければならないアスリートたちは、極度の緊張を強いられることもある中で、「平常心」というものがいかに大切かを教えてくれます。

人は、大切な局面を迎えたときほど、「平常心でいよう」と自分に言い聞かせるものです。
この「平常心」を辞書でひくと、「ふだんと変わらない心」「揺れ動くことのない心理状態」と記載されています。つねにこの心理状態でいることがいかに難しいことかは、皆さんもよくお分かりのことと思います。

この「平常心」の語源は、禅にあるそうです。
禅の修行をしていた僧侶が、師匠に、「禅の修行の本質とは何ですか」と問うたところ、その師匠は、「平常心を保つことこそ、禅の修行の本質」と答えたとのことです。
禅の世界では、朝起きてから夜寝るまで、人が生活していくための業務をたんたんとこなしていくことで、平常心が保たれる、と考えられているそうです。

ひたすら無心になって

それは、とりたてて特別なことではないといいます。
家を掃除することであり、庭の手入れをすることであり、洗濯をすること、買い出しをすること、お風呂に入ること、子どもの世話をすること、食事を作ること、食事をすること、なにより仕事をすることなど、他にもいろいろあるでしょう。
禅の修行では、これに坐禅が加わりますね。
これらを、たんたんと、心を込めながらこなしていくことで、平常心が保たれると考えられています。決して乱れることのない、静かで落ち着いた精神状態を得られるということですね。

有名なスポーツ選手などは、よく「ルーティン」と呼ばれる、一日の始まりや大切な場面を迎える前に行う自分特有の一連の動作(型)を持っているものですが、「心を落ち着ける」という部分では、これに似ているのかもしれません。

心が乱れる要因は、日常の中でたくさんあります。
仕事でミスをおかした、他人に多大な迷惑をかけてしまった、愛する人と死別した、大好きだった人と喧嘩別れした、会社を解雇された、名誉を大きく傷つけられた、多額の損害を被ってしまったなど、数えあげればキリがありませんよね。

こんなときこそ、頭を抱えて悩み込むのではなくて、ふだんやっている「掃除」「料理」「食事」「仕事」「入浴」などといった日常の業務を、ひたすら無心になって、たんたんとこなしてみてはどうでしょうか。
一心になって体も使うことで、だんだんと心の乱れがおさまってきて、平常心が取り戻せるはずです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る