たくさん打席に立てば、良い打率を残せる!?

たくさん打席に立てば、良い打率を残せる!?

ウォルト・ディズニーといえば、数々のディズニー映画や、誰もが知るディズニーランドの創業者として有名ですよね。子どもから大人まで、何らかの形でディズニー作品にふれたことは、一度はあるはずです。
そのウォルト・ディズニーが、次のように述べていることを知りました。

誰であっても、私のようにたくさん打席に立てば、良い打率を残せるようになる。

皆さんもご存じのとおり、この人は決して野球選手ではありません。
「打席に立つ」というのは、「新たな事柄にチャレンジする」ということの、一つの例えとして使われているわけですね。

この言葉にもあるように、あのウォルト・ディズニーでさえも、若い頃、自分の可能性を追い求めて、さまざまなことにチャレンジしたにもかかわらず、ことごとく失敗を重ねたそうです。
そう、野球経験がさほどない人がバッターボックスに入って、最初のうちは空振りばかりしたり、ボールに当たってもヒットなどとはほど遠い打球になってしまうのと同じですよね。

でも、最初は誰でもそうなのです。始めたばかりでいきなりヒットを打てる人などいません。たとえ、まぐれで打てたとしても、そのコツをつかむまでには至りませんよね。
そうです。何度も何度も打席に立ち、ヒットを飛ばそうとチャレンジしながら、だんだんとコツをつかんできて、やがてはヒットを打てる打者へと成長していくものですよね。

ヒットを打つコツは、多くの打席からつかめる

チャレンジにも、さまざまな形があります。それは、学生や社会人によっても異なることでしょう。
その中でも、最も大きく、難しいチャレンジが、事業を興すことではないでしょうか。
事業は、相手(客)あってのことですから、さまざまな角度から検証を重ね、ノウハウも蓄積されていかなければなりません。
ほかならぬウォルト・ディズニーも、多くの失敗を重ねて、やがては事業を成功させるコツを自らつかみ、世紀の大成功を収めたのですね。

いわば、一度や二度の失敗なんていうのは、数多く「打席に立つ」ための手段に過ぎず、その中で打率(成功率)を上げていくためのプロセスに過ぎない、ということを教えてくれているのですね。
もちろん、そのための工夫が必要なのは言うまでもありませんが、「失敗を失敗と思わない」ことは、とても大切なことなのですね。

一つ失敗をしたとしても、「失敗してしまった」と、そこばかりに目を向けて落ち込むのではなく、「これでまた一つ、ヒットを打つためのコツを習得できた」「このコツから、ホームランも夢ではないかもしれない」と思って、さらに先に進む人が、大きな成功を手にすることができるのだとは思いませんか。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る