してるようで、していない「気分転換」

してるようで、していない「気分転換」

仕事、育児、人づきあい……。
毎日毎日、同じことの繰り返しだからこそ、疲れも溜まっていくものですよね。しかもその鬱積は、ちょっとしたことでイライラしたり、ささいなことで落ち込んだりといった状態を招くものです。

そんなとき、老子のこんな言葉が役に立つはずです。

きょは気を移す

「居」とは、現代でいうところの、新しい家や土地のことを指すのだそうです。
ゆえに、この言葉は、「新しい土地や家に移り住めば、気分がリフレッシュする」というような意味を持つのだそうです。
引っ越しを推奨しているというよりも、それほど「気分転換が重要だ」ということなのだと思いますね。

鬱積したストレスから抜け出すのは、なかなか容易ではありませんよね。
気分転換が大切だということを知ってはいても、さまざまな試みのほとんどが気休めに終わってしまうということもあるかもしれません。

だからこそ、思いきった行動に出る必要があるのではないでしょうか。

快楽ホルモンの分泌を促す

老子の言葉にあるように、引っ越しをして、うまく気分転換が図れれば、言うことはないのでしょうけれども、引っ越しにはお金も手間もかかるので、誰もがすぐにそうした行動に出ることは難しいかもしれません。

しかし、「居を変える」ことだけが、有効な気分転換の方法だとは限りませんよね。
ふだん味わったことのない新鮮なものにふれることや、それまで味わったことのないほどの感動を目の当たりにすること、あるいは「非日常的な空間」に身を移して新鮮な空気を吸うことなども、老子の言うような「居を変える」ことと同等の効果をもたらすのではないでしょうか。

それまで行ったことのなかった遊園地に行ってみる。
まったく興味のなかった、映画や音楽、演劇などにふれてみる。
住み慣れた都会からしばし離れて、大自然の中に身を置いてみる。
思いきって、文化も風習も異なる海外へ旅行に出かけてみる。

日常で鬱積したものを、自分の心の中から排除するには、思いきった気分転換がなにより有効になるはずです。
その手段はどうであれ、ストレスホルモンの分泌が少なくなり、幸福感や充実感、快適感と密接なかかわりを持つ快楽ホルモンがしだいに多く分泌されるようになることが大切なのですね。

そのためにも、「それまでし慣れていたことだけをする」ということではなく、「自分がしたことのなかったほど新鮮な事柄」に身を浸してみることが大切ですよね。

うまく自分をコントロールして、いつも気持ちをプラスの状態に保っておきたいものです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る