おだやかな表情を心がけると、精神的に安定する

おだやかな表情を心がけると、精神的に安定する

何かの本で、こんな話を読んだことがあります。

とある女性が、結婚生活をともにしていた夫との関係がうまくいかなくなりました。
毎日のように夫婦げんかを繰り返していたのです。
その頃は、彼女も働いていたのですが、夫との関係がうまくいかないせいか、毎日スッキリとした気持ちになれずに、職場に行っても仕事に集中することができず、再三にわたってミスを重ねることで、上司からも良く思われなくなりました。
家庭もうまくいかない、仕事もうまくいかない。
そんなことが続くと、よけいに気持ちがムシャクシャしてきて、家に帰るとつい夫にイヤミを言ったりして、また夫婦げんかが激しくなる始末です。

まさに、家庭と職場をまたにかけた悪循環の典型的なパターンですよね……。

そんなある日、彼女はふと見やった鏡に映る自分の顔を見て、驚きました。
「なんてみにくい顔なんだろう……」と。
彼女はもともと賢明なのか、「自分の心の状態が顔に表れてしまっている」と、直感的に思ったそうです。

表情から心をコントロールする

さすがにこのままではいけないと思った彼女は、つとめておだやかな表情をするようにしたそうです。笑顔を出すように心がけたのです。
とっさにとった行動が、まさにそれだったのですね。
朝の洗顔のときも、日中も、鏡に映る自分の顔を見ては、その自分に向けておだやかに微笑むようにしたのです。

その努力が功を奏したのか、会社の人たちに対しても、夫に対しても、おだやかな表情を向けることができるようになったということです。

そうなると、不思議と精神的にも落ち着いてきて、夫に変なイヤミを言うこともなくなり、落ち着いた気持ちで接することができるようになったといいます。

言うまでもなく、その夫婦は円満な関係に戻れたということでした。
めでたし、めでたし。

人の心の状態は、不思議と克明に顔に表れますよね。
いくらきれいにメイクしても、暗い表情や醜い表情までは隠すことができないでしょう。
逆に、それらをごまかせる化粧品が発売されたら、飛ぶように売れることでしょう。

でも、この話から分かることは、うわべだけをキレイに飾るのではなく、自分から率先して顔の表情をコントロールしていくことで、心の状態をもコントロールできるということなのではないでしょうか。
おだやかな表情を心がけて、笑顔を相手に向けることができたなら、ほかでもなく自分自身が楽になりますし、精神的に安定するはずです。

関連記事

PickUp

  1. 「認知的不協和の理論」から自分を知る
    ためになる話を聞いたり、読んだりしても、かたくなにそれらを理解、実行しようとしない人がいます。(私に…
  2. 「言い聞かせる」ことだけが教育か
    何か大事なことを控えているときには、赤飯のおにぎりを作り、それを神妙に頂くという、ある経営者の話を聞…
  3. してるようで、していない「気分転換」
    仕事、育児、人づきあい……。 毎日毎日、同じことの繰り返しだからこそ、疲れも溜まっていくものですよ…
  4. 「笑顔」は「お布施」?
    笑顔というのは、年齢や人種にかかわりなく、素晴らしいものですよね。 誰かが笑顔でいるだけで、他の人…
  5. この世に「必ず」「絶対」はありえない
    仕事にせよ、プライベートにせよ、人と約束を交わさなければならないことは、日常の中でよくありますよね。…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る