あえて誘いに応じてみる

あえて誘いに応じてみる

同僚から飲み会に誘われたとき、行くかどうか返答に困ることってありませんか。

友人から、何かの勉強会や、あるいはパーティなどに誘われて、あまり気乗りがしないということはありませんでしたか。

人づきあいが苦手なのに、近所のママ会に誘われて、参加すべきかどうか悩んだことはありませんか。

さほど親しくないはずの知人の結婚式に招待されたとき、参加するべきかどうか、悩んだことはありませんか。

旅行経験がほとんどないのに、友人から長期の旅行に誘われたりしたら、やはり返事に困ってしまいますよね。

このような場合、内心では、「自分も人間の幅を広げなければいけないし、さまざまな経験を積んでおかなければいけないだろうから、せっかくの誘いは断らないほうがいいのかも」と思っていたとしても、なかなか足を一歩前に出すのは難しいものですよね。

もし誘いに応じたら、「勝手が違うから、居心地が悪いんじゃないかな」とか、「見知らぬ人ばかりで、面白くないどころか、気を遣って疲れるんじゃないかな」、「ムダ話をしてばかりで、結局何も収穫はないんじゃないかな」などと憶測を立てて、良い返事をすることをためらってしまうことは、あるかもしれません。

何らかのチャンスが潜んでいる可能性が

たとえ、もし実際にそうだったとしても、長い目で見ると、「参加しておいて、良かった」と思えることが多いはずなのですね。

たとえばパーティなどに参加して、誰かと知り合い、その場ではお互いに特に強い印象は持っていなかったとしても、数年後にふとしたきっかけで縁を持つようになり、仕事や人生に大きな意味を持つようになることもあります。

あるいは、結婚式で知り合って、しばらくしてから偶然再会し、それがきっかけで急速に親しくなるというようなこともあります。

誘いを断るのは簡単ですよね。参加して嫌な思いをすることからも逃れられます。

でも、断るだけで、何も新しいことに臨まなければ、チャンスが得られないこともまた事実ですよね。現状のまま、特に何も変わっていくことはないかもしれません。

誘いというものを、前向きに捉えるのであれば、よほど都合が悪いわけでもなければ、積極的に応じるほうが賢明だと思います。
誘いに応じて、参加したときにたとえ嫌な思いをしたとしても、長い人生で見てみたら、そう大したことではないことばかりのはずです。
ならば、積極的に応じて、それに臨んで、そこに潜んでいるチャンスを手にできることのメリットに目を向けるほうが重要ですよね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る