「食後」と書かれている薬は、食後すぐに飲む?

「食後」と書かれている薬は、食後すぐに飲む?

病院や薬局で処方される薬を受け取る機会は、皆さんも一度はあったのではないでしょうか。

その薬を飲むタイミングについて、意外と迷ったことがありませんか?
薬の袋には、「食前」「食後」「食間」などと、服用する目安が必ず書かれていますよね。
でも、食前というのは、食事をする何分前くらいなのか…? 食後とは、食べ終えて何分後くらいなのか…? とか。あるいは「食間」って、食事の最中ってこと?

処方薬の多くには「食後」と書かれてあります。食後というからには、食事が終わったすぐ後に飲めば、いちおう間違いではないと考えますよね、普通は。事実、病院の食堂とかでも、それこそ箸を置くまもなく薬を飲む人の姿を見かけることもありますし。

でも、薬の効果を最大に引き出すためには、食べ終えてから30分ほど経った頃に飲むと良いそうです。
食事の直後に薬を飲むと、胃で消化されつつある食べものと薬が混ざり合って、ペースト状のまま小腸に送られるのだそうです。すると、本来は胃から吸収されるべき薬の成分が、胃で吸収されずに素通りしていく可能性が出てくるということです。
食後、30分ほど経つと、消化はほぼ終わり、胃の血流はまだ多い状態なので、服用した薬の成分が血液とともに効率よく体内に運ばれます。
また、胃の中に多少の食物が残っているので、薬の成分が胃粘膜を直接刺激することなく、体内に吸収されていきます。

特に、「解熱鎮痛剤」などを飲むときには、胃腸障害を防ぐためにも、この食後30分を目安にすると良いようです。

こうしたことを総合的に考えると、30分というタイミングは最適なのかもしれませんね。

意外と勘違いしやすい服用のタイミング

とはいえ、あまり神経質になって30分にこだわる必要もないようです。それによって決定的なダメージがあるというわけでもなく、食後すぐに用事があったりするような場合には、食事の直後とか、たとえば10分後とかでも構わないそうです。
確かに、どうしても30分を守る必要があれば、薬の袋に注意書きがしてあるはずですし、消化の早さなどにも個人差はあると思いますからね。いかんせん体の中で行われることですから、消化の状況をいちいち確認することもできませんしね。

逆に、「飲み忘れてた!」という場合には、食後1時間以内に服用するようにしたほうが良いとのこと。1時間以上経つと、胃の中の食物がきわめて少なくなり、薬によって胃粘膜が刺激される結果、荒れることもあります。

あと、「食前」と書かれている薬には、食後の服用では吸収が悪い漢方薬や、胃酸の分泌を促して食欲を増進させる胃腸薬などがありますが、これらも30分前が目安になるそうです。
(糖尿病の治療薬などには「直前・・」と書かれているものもあるので、それは直前に飲むよう注意が必要です)

また、「食間」は、ちょっと勘違いしやすいですが、「食事中」とは意味が違うようですね。これは「食事と食事の間」という意味で、空腹時の胃酸の中和剤などがこれにあたるようです。この目安は食後2時間程度にすると良いとのことです。

薬を服用するタイミングについて、「食前」「食間」「食後」、これらの意味についてのお勉強でした。

でも、服用のタイミングも大切かもしれませんが、薬を飲まずにいられることが、何よりですね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る