「自分の欠点」を認識しておくことで、謙虚になれる

「自分の欠点」を認識しておくことで、謙虚になれる

今回の記事は、前回記事「相手の長所を探していると、目は美しくなる」の続きのような内容になってしまうかもしれません。

人はえてして、他人の欠点ばかりが目につくものです。
「あの人のここがダメだ」
「あの人は、何度も失敗してるのに、○○が足りないことに気づいてない」
こんな具合に他人を論評するのが好きですよね。

誰にも長所はあるはずなのに、なぜかそこをあまり見ようとはせずに、至らない部分ばかり指摘したがるものです。

でも、同じ人間である自分にだって、至らない部分や欠点というのは、間違いなくあるはずですよね。
その自分の欠点を、相手の欠点より先に自覚することができていたら、相手の欠点もさほど目につかなくなるはずです。
たとえ相手に落ち度があったとしても、自分に欠点があることを知っていたならば、「お互いさまだ」と、それを許すことができるようになるはずですよね。
そうすることで、自分自身も楽になるし、人間関係に不要なトラブルを招くことがなくなるはずです。

自分のことを棚に上げて……

古代ローマの思想家・政治家だったセネカという人物が、「人は目の中に他人の欠点を持ち、背中に自分の欠点を持つ」と述べていたそうです。

「目の中に他人の欠点を持つ」とは、「他人の欠点ばかりを見てしまう」ということでしょう。
「背中に自分の欠点を持つ」とは、自分の欠点を背中に隠して、自分で見ないようにしているということです。

他人の欠点には敏感なのに、自分の欠点についてはあまり気づいていないか、もしくは薄々気づいているけれどもそれを認めようとしていないというのが、おおよそ人間というものではないでしょうか。

相手の欠点を見つけるよりも先に、自分にもいくつかの欠点があることに気づいていれば、誰と接するときでも謙虚な姿勢でいることができますよね。
人と円滑なコミュニケーションをとる上でも、この「自分の欠点に気づいておく」ということは大切なことではないでしょうか。

言い換えれば、他人の欠点ばかり気になってしかたがない、という人は、自分にもあるはずの欠点になかなか気づけていないということが言えるはずです。少々、耳の痛い話ですが……。

「自分のことを棚に上げて、よく言うわね」と冗談まじりに言ったり言われたりすることは、よくあることだと思いますが、案外、自分のことは見えていないものですよね。
「他人に厳しく、自分に甘く」ではいけない、ということですね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る