「自分の中の声」、大切にしていますか?

「自分の中の声」、大切にしていますか?

気がつけば、世の中にはアップル社の製品があふれてきましたね。
設立当時から発売されているパソコンだけではなくて、携帯音楽プレイヤー、タブレット型端末、スマホなど、その洗練されたデザインと機能性の高さから、年齢を問わず愛用されています。
そのアップルの創業者、スティーブ・ジョブズの名を知らない人は、きわめて少ないのではないでしょうか。氏の死後、その独特の感性を発揮し続けた生き方が、近年では数多くのメディアで取り上げられるようになりました。

スティーブ・ジョブズが残した言葉に、こんなものがあります。

他人の意見ではなく、自分の中の声に耳を澄ませる。もっとも大切なのは、自分の心の直感に従う勇気を持つことだ。

「自分は、こういうことをやってみたいんだ」と主張しても、それが独創的であればあるほどに、ユニークであればあるほどに、必ずしも周囲の人たちが賛同してくれるとは限りませんよね。
むしろ、「やめておいたほうがいい」とか、「できるわけがない」、「現実的じゃないし、成功した例がないじゃないか」と、一斉に反対をしてくることも容易に考えられるものです。

複数の人たちからそんなふうに言われてしまうと、いくら自分は希望に満ちていても、「皆の言うように、やはり、無理なのだろうか……」、「自分の能力では、何もできないのだろうか……」と惑わされてしまうかもしれません。
これでは、せっかく良いアイディアなのかもしれないのに、自信をなくしてしまって、そのアイディアを形にできずじまいに終わってしまいますね。

他人の意見も、ほどほどに

他人の意見を参考にすることは、とても大切なことです。
実際、独りよがりで発案したとしても、客観的にそれを検証して、より改善をしていかなければ、なかなか実っていかないばかりか、あえなく失敗に終わることもあります。
しかし、「自分の中の声」が薄れていくくらい、あまりにも多く他人の意見を聞きすぎると、それに惑わされては自信をなくすという繰り返しになって、結果、いつまでたっても夢を形にすることなどできないでしょう。

だからこそ、スティーブ・ジョブズは、自分が心から思うこと、つまり「こうしてみたい」「これをやってみたい」という素直な願望を大切にしたほうが良いと言っているのですね。
「たとえ失敗したとしても、なんとかなる」くらいの大きな気持ちで、あえて「自分の中の声」を尊重し、それに素直に従って、前に進んでいく勇気を持ちたいものです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る