「真似る」だけでは自分らしさが崩壊する

「真似る」だけでは自分らしさが崩壊する

誰にでも、一人や二人は、憧れの人や、目標とする人がいるのではないでしょうか。
「あの人みたいに、みんなの人気者になって、自分らしい人生を実現していけるようになりたい」とか、「やることなすこと、すべてうまくいく、あんな人になってみたい」とか。

そういう憧れの人の生き方を真似して、その人に近づいてみようという人も、多いのではないでしょうか。

確かに、憧れの対象をもつことは、自分自身の励みにもなりますし、成長の糧になることだってあると思います。

しかし、元来、その憧れの人と、自分とは、まったく違う存在であり、また似たような存在になる必要もないはずです。

「真似しよう」とか「そっくりになりたい」というのは、たいてい、自分自身に打ちこめる(燃焼できる)事柄がなかったり、自分に自信がない人が、そのように思う傾向があると思うのですね。
そういう状態で、他人に自分を似せようと努力しても、生活の中のあらゆる場面で自分自身を縛りつけて、かえって自分らしさをなくすことにもなるでしょう。

そう、悩みが増えるだけです。
そこに成長がともなえばまだ良いのですが、自分らしさを失った状態では、おそらくそれは困難だと思います。

そうなると、自分の中にストレスをため込んで、だんだん虚しささえ覚えるようになるはずです。

「誰かを真似よう」という考えはなくして、「自分は自分」という考え方で、自分らしい生き方をしていくことを前提にしながら、憧れとなる人の良いところを、少しずつ取り入れていくということが大切なのではないでしょうか。

「憧れ」の対象の実態はうかがい知れない

しかしながら、その「憧れの人」「目標とする人」の、一体どれだけのことを、私たちは知っているのでしょうか。
その人は表面上では輝いて見えるかもしれませんが、その実情まではなかなか分かりません。
輝いて見える反面、何か大きなものを犠牲にしているということだってあるかもしれません。それが家族なのか、お金なのか、健康に関することなのかは断定できませんが。

そうした実情をうかがい知ることもなく、表面上に見えることだけで「憧れ」の対象にしてしまうのは、やや軽いことだと言っても過言ではないと思います。
数ヶ月もすれば、その憧れの対象も簡単に移り変わってしまうかもしれませんしね。それこそ、コロコロと。

だから、「なんでこんな自分なんだ。もっとあの人みたいになってみたい」と思うことは、非常に危険だと思います。自分を嫌いになってしまっては、理想とする自分からはますます遠のいてしまいます。

もし強い憧れを抱いている人の良い点を吸収したいと思うのなら、自分の価値観をすべて壊してまで全部が全部真似ようとするのではなく、良いなと思われる点を二つか三つだけ拾い出して、それを参考しするということで十分だと思います。

最近はよく、ネット上などでも、ビジネスに際しての「マインド」が重要だとし、成功者のマインドを活字に変えて提供し、これを真似しさえすれば成功間違いなし!みたいに煽ったセールスレターをよく見かけますが、こうしたものにも惑わされないほうが良いと思います。

人間は、一人ひとりが違う存在なのですから。
どれだけ稼いだかなんて、競い合ってもしょせんは無意味なことなのですから。お金はあの世には持って行けませんしね。

自分は自分。あくまでも自分らしさやアイデンティティを大切にして生きていき、その上で他人の「参考になる」ところは大いに参考にしながら、そのマインドを自分なりに咀嚼そしゃくして、自分の言動に転化していければ、それでいいはずです。

そこで、自分自身で成長が実感できれば、それに勝るものはありませんからね。

関連記事

PickUp

  1. どうなったことを「幸福だ」というのか?
    一言で「幸福な人生」と言っても、それは実際にどういうものなのか、具体的にイメージしている人は、ほぼ皆…
  2. 船はいつになったら出港するのか
    「船は港にいれば安全だが、船はそのためにつくられたのではない」 この言葉を聞いたとき、なるほどなと…
  3. 「可能思考」と「不可能思考」
    何か大きなことをやってみたい。 こういった人生を歩んでみたい。 日々、大きな夢や理想を描いて…
  4. 聞き上手が「運」をもたらす
    以前いた会社に、トップの営業成績を誇る女性がいました。 何年もずっと変わらず、好成績をキープし続け…
  5. 非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人
    いま常識だとされていることが、昔は非常識だったということは、たくさんありますね。 あるいは、いま常…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る