「流行を追いかけない」ことをトレンドにしたい

流行を追いかけない

流行を追いかけていくのって、結構、疲れませんか?

ファッション、ITに関すること、グルメなこと、流行りの家電製品、金融……。
ひたすらに「流行に遅れたくない」「いつも人より先を行っていたい」という気持ちにまるで縛られているかのように、それらに異常なほどにこだわっている人、身近にいませんか?

そうそう、それ以外にも、今話題のスポットに出かける、話題になっている人の講演会に出かける……。
そのこだわりぶりは例をあげればきりがないですよね。

「流行を追いかけるのって、結構疲れる」
流行に敏感なある知人が、流行に無頓着な私に、ある日こう漏らしました。

それを聞いて、流行に「敏感」であることと、流行に「振り回される」ことって、違うなぁって、思いました。

「振り回され」ずに、「楽しんだ」ほうがいい

流行は、その時代のトレンドとして、時代を映す鏡と言われています。それに敏感でいることは、友人知人との話のネタにもなって楽しいし、何より仕事のアイディアにつながることだって少なくないです。企画やデザインにオリジナリティがなくなる危険性はありますが。

でも、それに「振り回される」ということは、その流行を「楽しんでいない」ということですね。

振り回されるということは、初めは楽しむつもりでいたのに、だんだん義務感になってきて、あろうことかストレスすら溜まる要因になって、ふだんの生活にも支障が出てこないでしょうか。

こういう場合は、「流行に遅れたくない」「時代の最先端に立っていたい」という強い気持ちを抑えて、もっと柔軟でしなやかな感覚で流行に向き合ったほうがいいですね。

これは、自分への自信のなさにも関係しているかもしれませんね。

流行に左右されず、自分のスタイルを確立できている人は、やはり何をやっても強いです。私の周りでもそういう人は流行なんて見向きもしていないです。時々、流行の「つまみ食い」はしていますが。
でも、それこそが「楽しんでいる」ということなのですよね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る