「損した」か「得した」かは自分の心しだい

「損した」か「得した」かは自分の心しだい

「高いスキルが身につくと思って、高額の教材を購入して一通り勉強したが、あまり役に立たなかった。結局、損をした」

「店員に薦められて、高額の家電製品を買ったが、そのすぐ後に、大して変わらない金額で新商品が発売された。しかもそちらのほうが高機能なので、損をした」

「面接ではとても有能そうに見えたので、雇ったのだが、高い給料を払っている割には、大した結果を出してくれそうもない。期待するだけ損をした」

「人気の遊園地に行ったが、大して面白くなかった。高い入園料を払って損をした」

「友人に面白いからと強く薦められた映画を見にいったが、大して感動しなかった。それならば違うことに時間を割くべきだった。損をした」

……このように、私たちの生活の中では、「損をした」と思うような出来事が、結構な割合で起こるものではないでしょうか。
しかも、その「損をした」と思うのは、それに費やしたお金と時間、労力のことでしょう。

しかし、「損をした」といつまでも悔やんでいては、その思いをずっと引きずることになってしまいます。
そうしてずっと引きずることで、事あるごとにそれを思い出しては、腹を立てるということを何度となく繰り返すようになってしまいますよね。

「損」は「得」になる

そもそも、「損をした」か「得をした」かということは、長い長い人生において、その一場面だけでは判断ができないものだとは思いませんか。
表面上は「損をした」と思うような出来事であっても、それが「良い勉強になった」と考えることができれば、それはむしろ「得をした」ということになりますよね。

このように、「損」「得」というのは、目の前に起きた現象に因るものではなくて、それを受け取った人の「心」が決めることですね。

冒頭の例えで言えば、こういうことではないでしょうか。
「この類いの教材を買うときには、こういう点についてよく確認してから買わなければいけないことが分かった。人にも教えられるし、ためになった」
「家電製品を買ってすぐに新しい機種が出たが、それに付随する新機能はどうやら私には必要なさそうだ。それに新製品には不具合が付きもので、リスクもあると聞く。かえって良い買い物ができたということかもしれない」
「面接のときに、どういう点を見抜いたうえで雇用すべきか、改めて勉強になった」
「映画や遊園地が面白くなかったとしても、すべて社会勉強だ。そのおかげで、自分の持つ新たな感性に気づけた。得をした」

このように、損にするか、得にするかは、自分しだいということですね。
損か得かなんて、費やしたお金や時間だけで推し量れるものではないということを、改めて知ることができます。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る