「岩登りが恐くない」という話

「岩登りが恐くない」という話

私たちは、プライベートにしろ仕事にしろ、少しでもリスクをともなうように感じられたことには、慎重になるはずです。
慎重になるだけなら良いのですが、事を始める前から逃げ腰になってしまうこともありますよね。
これでは、せっかくのチャンスをフイにしてしまうことだってあるかもしれません。

ロッククライミングをしている人の、こんな話がありました。

岩登りには、大きな危険がともないます。
もし手や足を滑らせて、うっかり落下してしまったら、大けがをすることになります。
それこそ、命をなくすことさえあります。
しかし、岩を登っている最中には、そのような恐怖感を感じることはありません。
岩を登ることに無我夢中で、それに神経を集中させているからです。
恐怖心を感じるのは、むしろ、岩を登り切ったときです。
頂上から、登ってきた岩場を見下ろしてみると、「こんな危険なところを登ってきたのか……」と、足が震えてくるのです。

岩登りをしている人でなくても、こうした心理作用は容易にイメージできることではないでしょうか。
そもそも、最初から恐怖心に負けていては、岩を登るそのスタートすら切ることができませんが、岩を登っている最中でも、恐怖心のほうが勝っていたら、集中力をなくして、指先やつま先がうまく岩肌をとらえることもできないのではないでしょうか。
それこそ、大けがをすることにつながるかもしれませんよね。

集中力が恐怖心に勝るとき

これは、岩登りだけではなく、日常の生活、特に仕事においても、同じことが言えますよね。

それが大きなリスクをはらんだ案件だったとしても、ついそのことを知らずに、ただその作業だけに無我夢中になっていたとしたら、どうでしょう。仕事はどんどん進んでいき、気がつけば好結果をもたらしていた、ということはあるものです。
これは、途中でリスクに気がひるんだり、逃げ出したい気持ちになるようなこともなく、ただひたすら作業に打ちこめた結果ですよね。
つまり、リスクがあろうとなかろうと、関係のない世界に気持ちが入り込んでおり、その中で作業に没頭できるということですよね。

リスクに怯えて、足がすくんだような状態では、まず集中力が発揮できません。
このような状態で、思うような仕事をやり遂げることはできません。

そんなときは、前述の岩登りの話を思い出してみてください。
そして、いくらリスクをともなっているとしても、「今、やるべきこと」に意識を集中することができれば、作業に打ちこむ意識が、恐怖心に勝ってくるはずです。

そして、そこにこそ自分らしさがあるのだということを、忘れないようにしたいものですよね。

関連記事

PickUp

  1. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…
  2. 「もう〜しかない」と「まだ〜もある」
    このブログでも取り上げたことがあるのですが、悲観と楽観、マイナスの見方とプラスの見方というものの違い…
  3. 「火事場のバカ力」を応用する
    「火事場のバカ力」という言葉、ご存じですよね。 文字通り、火事のときに、ふだんでは絶対に持ち上げら…
  4. どうなったことを「幸福だ」というのか?
    一言で「幸福な人生」と言っても、それは実際にどういうものなのか、具体的にイメージしている人は、ほぼ皆…
  5. 船はいつになったら出港するのか
    「船は港にいれば安全だが、船はそのためにつくられたのではない」 この言葉を聞いたとき、なるほどなと…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る