「学歴がない」ことの強みを忘れないで

「学歴がない」ことの強みを忘れないで

「しょせんは、学歴だよなぁ…」

人と比べて自分に学歴がないことを嘆くこんな声は、私の周りでもしょっちゅう聞こえていました。
いくら頑張っても、いくら工夫をしても、高学歴の同僚にはかなわないというのです。

たしかに、一般的に出世する人は高学歴の人が多いかもしれません。

でも、学歴がなくても成功しているという人は、数えきれないほどいます。
学歴がないほどに、その学歴にすがろうとしないから、何があっても自分の力でなんとかしようというバイタリティを人より多く持っているとも言えますよね。

パナソニックの創業者である松下幸之助さんは、小学校を中退し、9歳から丁稚奉公でっちぼうこうを始め、商人として大成功しました。
世界のホンダの創業者である本田宗一郎さんも、大した学歴などありはしません。
あの発明王のエジソンさえも、大学を出ていません。
こういった人たちも、人がうらやむような学歴は持っていないのです。

学歴が足を引っ張ることも

高学歴の人というのは、会社に入ったときなど、周りから過度の期待を寄せられることも多くあります。
「あの人、何ができるかまだ分からないけど、東大出だからきっと仕事ができるに違いないよー」とか、「分からないことなんて、ないんだろうなぁー」といった具合に、周囲も興味本位に、無責任に持ち上げます。本人もそう思われていることは薄々分かっています。
でも、いくら東大出とはいっても、専攻してきた学科によって得手不得手もあるでしょうし、また、自分の得意分野と仕事内容がマッチするとはかぎりません。
それは、学歴があろうがなかろうが、同じことです。
案の定、ある私の東大出の知人は、思うような仕事ができず、周囲からも落胆の色が出始めて、それがストレスとなって会社を辞めていきました。
そのせいで精神的なダメージを抱え、その後も思うような就職活動ができていないと聞き及びます。かといって起業するほどの力があるわけでもないのです。

こうして考えると、学歴が足を引っ張るということも、往々にしてあるわけですよね。
学歴がないほうが、よけいな期待をかけられずにすむし、自分のペースで頑張れるのではないでしょうか。

さらに、「仕事ができる」「仕事ができない」という評価は、よほどの専門職・技術職でないかぎりは、学問で培った知識や応用力だけではなく、いわゆる「人の気持ちが分かるかどうか」というそもそもの人間としての素養があるか、そして想定外のトラブルに遭遇したときに柔軟に対処できる頭の柔らかさがあるかなどが、大きな大きな別れ道になりますよね。
これらが教えてくれることは、世の中を渡っていくには、「頭の良さ」というよりも「素直さ」のほうが大事ということなのかもしれません。
企画を練るときもそう、営業をかけるときもそう、社内の人間関係もそう、協力者が現れるかどうかにしてもそう、緊急の出来事に直面したときの対応力も、そうでしょう。

また、最終学歴が中学や高校だという場合は、早くから社会に出て、人より多くの経験が積めるので、そこで学んだ知恵をたくさん持っているとも言えます。

このようなことから、自分に学歴がないと思っている人ほど、「学歴がないことの強み」というものを、いつも思い出すようにするといいでしょう。
弱気になる必要など、みじんもないのですから。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る