「吉田松陰先生一門下生 山懸有朋」

「吉田松陰先生一門下生 山懸有朋」

話は、大正時代初期にさかのぼります。
元内閣総理大臣で、すでに元老の地位にいた山懸有朋に、ある新聞記者が取材を申し入れたそうです。
そして取材が受け入れられ、当日を迎えました。
その新聞記者が、山懸有朋と名刺を交換した際に、記者は受け取った名刺を見て、とても驚いたといいます。それは、山懸の名刺に記載されていた肩書きを見たからでした。
名刺には、「吉田松陰先生一門下生 山懸有朋」と書かれていたのだそうです。
総理大臣という、これ以上ない地位にまでのぼりつめ、すでに元老という地位にいながらも、門下生という肩書きを使っていたのです。これには、「幕末に、松下村塾で松陰先生のもとで勉学に励んだ頃の初心を忘れないように」との気持ちが込められていたのだそうです。

後にも先にも、このような話は聞いたことがありません。
それほど、この山懸有朋という人物が、「初心」というものを大切に思っていたということ、さらには、初心を忘れては大きな物事を成し遂げることができないという考えを、大切に持っていたということなのでしょう。

あの頃の自分を思い出して

私たちは、どんな職に就いているにせよ、どんなスキルを身につけているにせよ、それを始めた当初は、誰もがビギナーであり、初心者であったはずです。
しかし、そこから年齢の経過とともに経験も培っていき、物事にも手慣れてきて、気がつけば役職が付くようになっていきます。大勢の人の上に立つ人も出てくるでしょう。
そうなると、心のどこかに「もう安心だ」というような気持ちが芽生えてきて、つい気も緩み、態度が横柄になってみたり、天狗になって部下に接するようなことも、少なからずあるかもしれませんよね。

しかし、あまり長くそうした状態が続くと、人からの信頼が損なわれることがあります。陰では人から見下され、結果的に、せっかく築いてきたその地位さえ失いかねないですよね。

そんなときこそ、山懸有朋の話を思い出して、駆け出しの頃の自分がどうだったかを、思い出すようにしてみてはどうでしょうか。
「あの頃は、挨拶するだけで精いっぱいだったなぁ」
「駆け出しの頃は、仕事を覚えるだけで精いっぱいだったなぁ」
「いつでも緊張してたなぁ」
「あの頃は、文章ひとつまともに作れずに、よく怒られたものだ」
……あの頃の自分を思い出せば、キリがないことでしょう。

そうしたことを思い出してみると、自然と、横柄な態度をとっている自分を見直せたり、傲慢な自分を軌道修正しようとするはずです。
謙虚になって、腰が低くなれば、今の地位にふさわしい尊敬の念を周囲の人たちから集められることでしょう。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る