「半眼」の姿勢で生きられたら

「半眼」の姿勢で生きられたら

とてもショックな出来事に見舞われたり、取り返しのつかないような重大な失敗をしたり、とても解決策が見つからないような深刻な問題に直面したりしたときに、誰だってその現実から目を背けたいし、直視することを避けるために「目を閉じてしまいたい」ことと思います。

しかし、本当に目を閉じてしまっては、どうなるでしょうか。
何も見えなくなることで少しは気持ちが落ち着くかと思いきや、そうではなく、何も見えなくなることで、かえって不安や心配は強くならないでしょうか。

なにより、目を完全に閉じてしまっても、暗闇の中にいては、何も解決策を導き出すことなどできないでしょう。それどころかいらぬ妄想がふくらむばかりで、精神的にも疲れてしまいます。

かといって、じゃあ目を閉じずに、現実から一切目をそらすまいとカッと見開いて、「なんとかしてみせる!」という意気込みが強すぎても、焦りとか力みが先に立ってしまうことで、心が乱れてしまって、それ以上に悪い事態へと進んでしまいかねませんよね。

目をそらしてもダメ。
見つめすぎてもダメ。

じゃあ、どうすればいいのでしょうか。

目をそらさず、見つめすぎず

禅の世界に半眼はんがんという言葉があるようです。
座禅のとき、修行者は完全に目を閉じることはしないそうです。目を閉じてしまうと、視界が真っ暗になり、いろいろな妄想が頭に浮かぶからだそうです。すると、不安や心配という感情に心が支配されるのだとか。
そうかといって、目を完全に見開くと、緊張感が高くなりすぎるということなのです。

目を完全に閉じず、見開きすぎず、「半眼」の状態でいると、それがもっとも心を静かに安定させると、禅では考えられているそうです。

確かに、日常においてこういうことはよくありますよね。
気になることや心配なことがあって、そのことから完全に目を背けていても、そのことが気になってしかたがなくなるし、逆にそのことを見すぎると、そのことで心を惑わされて疲労がたまって、正常な思考や判断ができなくなるというものですよね。

いかなる問題を抱えたとしても、そこから完全に目をそらすのではなく、かといって「なんとかしてやる!」と力みすぎるのでもなく、「半眼」の姿勢で現実と向き合うことで、あくまで冷静に物事の解決策を導き出すことができるはずです。

しかし、この半眼というのは、あくまで「自分を信じる」気持ちがないとできないことなのかな、とも思うのです。(※過去記事「人に頼るな、自分を頼れ」参照)

関連記事

PickUp

  1. どうなったことを「幸福だ」というのか?
    一言で「幸福な人生」と言っても、それは実際にどういうものなのか、具体的にイメージしている人は、ほぼ皆…
  2. 船はいつになったら出港するのか
    「船は港にいれば安全だが、船はそのためにつくられたのではない」 この言葉を聞いたとき、なるほどなと…
  3. 「可能思考」と「不可能思考」
    何か大きなことをやってみたい。 こういった人生を歩んでみたい。 日々、大きな夢や理想を描いて…
  4. 聞き上手が「運」をもたらす
    以前いた会社に、トップの営業成績を誇る女性がいました。 何年もずっと変わらず、好成績をキープし続け…
  5. 非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人
    いま常識だとされていることが、昔は非常識だったということは、たくさんありますね。 あるいは、いま常…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る