「勝とう、勝とう」と思うと負ける

「勝とう、勝とう」と思うと負ける

今年も盛り上がりましたね、プロ野球日本シリーズ。接戦になると球場のムードもピークに達して、勝負がどちらに転ぶか分からないという局面に際しては、投手をはじめ選手は相当の緊張を強いられるのではないでしょうか。
こんなとき、9回裏、ツーアウトで、あと一人打ち取れば勝ちという場面で、ヒットやホームランを打たれて、逆転負けを許してしまう投手もいます。
こうしたときに、決まって流れてくる解説者の言葉が、「緊張しすぎましたね」とか、「力みすぎましたね」というものですね。「なにが何でも打ち取って、勝ってやる」という力みが、投手が本来持つコントロール性を発揮できなくしてしまうというわけですよね。

双六すごろくの上手といいし人に、
その手立てを問いはべりしかば、
「勝たんと打つべからず。負けじと打つべきなり」

なにやら難しいこの言葉、吉田兼好の残したもののようですが、これは、吉田兼好が、すごろくがひときわ上手い人に、勝つための秘訣を尋ねたときに返ってきた言葉だと言われています。
では、この意味するところは、何でしょうか。
それは、「すごろくをやるとき、勝とう、勝とうという気持ちで行うよりも、負けまいという気持ちで行ったほうが、勝率が高まるようになる」ということなのだそうです。

勝ちにこだわらないで

先の、プロ野球についてもそうですが、何事においても、「勝つことにこだわりすぎると、かえって負ける可能性が高くなる」ということが言えるのではないでしょうか。
「こだわる」ということが、自分を必要以上に緊張させ、心に余裕がなくなって、本来のかんや能力を発揮できなくさせてしまうのですね。プロスポーツ選手がよく坐禅などを試みるのも、大切な場面で緊張せず、力まずにすむようにするためですしね。

仕事に取り組むときでも、そうだと思います。
「この仕事で、絶対に同僚に差をつけてみせる!」
「この仕事を、なにが何でも成功させてやる!」
「これで必ず昇進してやる!」
このように気負って仕事に臨むと、必要以上に自分にプレッシャーをかけてしまい、結局は本来の実力が発揮できないままに終わってしまうかもしれません。それどころか、ふだんではありえないようなミスをするなど、かえって悪い結果をもたらしてしまうこともあるでしょう。

何に臨むときであっても、「勝とう」「良い結果を残そう」と力まずに、心にゆとりを持てるようにリラックスして、逆にそれを楽しむくらいの姿勢が大切だとは思いませんか。
そして、そのほうが良い結果を残せるはずなのです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る