「信用」を得るために大切なこと(前編)

「信用」を得るために大切なこと

「信用」という言葉は、ふだん仕事をしていて、最も気にすることではないでしょうか。
いえ、仕事だけではなく、個人の付き合いにもそれは言えるでしょう。

この言葉、広辞苑では「信じて任用すること」とか、「現在の行為から考えて、将来必ず義務を履行するだろうと推測し信任すること」と説明しています。
こちら側から何らかの提案をする、あるいは相手側から依頼されるということがあって、そこには相手からの期待というものが生まれます。もし、それが満たされなかった場合は、「不信」が生じ、反発が起こることは避けられませんよね。
そして、信用を失うことがたび重なってくると、その後は何を提案しようと受け入れられにくくなり、それを回復するのには並大抵の努力ではすまなくなるのが社会一般のあり方だということは、周知の通りですね。

会社などにおいても、当人を信用するからこそ採用し、その後も期待に応えながら実績を積むことでキャリア・アップの道が開かれていくものです。

しかし、ここで往々にして間違いや不幸が発生します。

周囲の協力あってこそ

人が持っていないような資格、肩書きだけをもって、自分は信任されているからと錯覚し、実績が伴わなくても平気でいて、それどころか周囲に対しても天狗になったままで、気がつかないうちに周りの協力体制が薄れて成果が上がらなくなり、結果的に信用失墜に至るという人が、意外に多いのに気づきませんか。
こうなることの原因は、仕事の成果というものは、自分の才能や努力だけによるものではなく、経験の上に継続して積み上げた努力と、上司や周囲からのさまざまな協力が相まって実っていくものだということを見失ってしまっているからですね。
この現象は、社会に生きるための基本的ミスをしてしまっていると言えるのではないでしょうか。

このようなことは、まさに「人生の成功と失敗の本質」とも言えると思いますが、こうしたことを戒めるために古今東西いろいろと語られてきているということは、これがなかなか払拭できない人間の性があるからなのでしょうね。

人の心の中には、もともと「負けず嫌い」や「自信」、「自惚れ」や「慢心」の芽があり、これを取り除くことはできません
取り除けない以上、これをうまく育てることができれば、それが成功のエネルギーになります。
しかし、放任してしまうと、それは失敗の本質となって自らを蝕むことになります。

これを知ったかつての賢者らは、自らの修行の中でこの問題解決に取り組みます。
この課題は、私たち人間にとって昔から大きなテーマであって、突き詰めていくと宗教の戒律や、武士道(西洋では騎士道)などの精神にも行き当たることはご存じですよね。
商人においては家訓、事業家においては社訓などとして掲げ、この命題をしっかり伝承しようとしているのは、そこに人が歩むべき道の原則を見出しているからなのですね。

言い換えれば、それだけ一個人というものは物事を成し続けるには弱く、デリケートな存在なのだということにもなるのでしょう。

中編 -翌日公開- に続く

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る