「信用」を得るために大切なこと(中編)

「信用」を得るために大切なこと

前編からの続きです

ところで、家庭には家風、会社には社風、そして国にはその国の体裁である国体というものがあり、それらが整っていることはとても大切なことですよね。
かつて、海外を訪れたとき、言葉も分からずとても不便な状態でしたが、そのようなときに、日本人だということで相手の見る目が違って、いろいろと助けてもらえることがありました。しかし逆に、相手国の過去の歴史からか、日本人だということで敵対視するような対応をされたこともあります。
そして、そのようなときに、こちらの服装や立ち居振る舞いが、誤解の解消に大きく役立つということも経験しました。
広い大きな世界では、過去の経歴や資格などよりも、「あなたは私たちのために、今、何ができるのか」ということに躊躇せずに答えられること、そしていざというときには何ごとも自分自身でそれなりに成し遂げられる力がなければ、とうてい真の評価にはつながらず、信用してもらえないのだということを実感しました。

それまで国内で安心して暮らしてきて、培ってきた常識が、海の向こうではなかなか通用しないということを学んだわけですね。

個人だけの力量で信頼は得られない

これらのことは、まずは相手が理解・納得できるところに、自分のできることが合っているか否かが、ものごとの先行きに大きく影響するということであり、これにうまく自分の言動や実績が重なると、そこで初めて「信用」というものにつながるのだということを、私に教えてくれたのでした。
人相風体や文化が異なる国際交流などにおいては、特にこのことが重要であるということが、経験した人には分かることだと思います。
同時に、まもなくオリンピック・パラリンピックの自国開催を控えた日本においても、非常に大事なことだと思っています。

言うまでもなく私たちは、その道においてどこに行っても通用するプロを目指しているはずです。たとえプロとまではいかなくても、自分の仕事を通じて幅広く貢献したいという気持ちは、誰しもが持っているものですよね。
ただし、先にも述べたように、そのためには、個人の力量だけではだめで、周囲(集団)の協力あってこそ実力が発揮できると思って間違いないでしょう。
そのために、日ごろから組織集団(あるいは活動単位)が、ただ単なるプロの寄せ集めなのではなく、その日暮らしの発想ではなく長期に渡って社会の信用を得ることのできるプランがあるかどうか、そして、組織のある箇所だけを強化するのではなく全体を最適化しているかどうか、さらには、世界に向けた最適化が行えているかどうかを、今一度見直してみると良いですよね。

後編 -翌日公開- に続く

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る