「何を食べるか」「どう食べるか」(3/3)

「何を食べるか」「どう食べるか」(3/3)

※この記事は、前回【「何を食べるか」「どう食べるか」(2/3)】の続きです。

先の社長さんとは別の知人の話ですが、この人は最近、添加物のことが問題になっているので、添加物の本を読みあさったところ、添加物の危険なこと、身体にどれほど害があるかなどということがたくさん書いてあり、防腐剤がどれほど多くの食品に使われているか、そして食べ物に色をつける顔料の使用頻度や、食品の味を良くする化学薬品などの物質がいかに健康を害するものであるかということがこまごまと書いてあり、そしておまけに調味料を使用するとがんになりやすい、ということを読んでからは、食事の仕度をする時はいつも不安になってしまい、とうとう二週間もしないうちにノイローゼになってしまったというのです。

病院へ行って診察してもらったところ、自律神経失調症ということで、山ほど薬をもらってきたそうです。薬を飲んでいるうちに、生理は止まるやら、料理も全然作る気にならず、それからは親子喧嘩も頻繁に起きるようになって、夜も眠れなくなり悩みもさらに大きく、深刻になってきたということで、本当に生気のない顔をしていました。

これでは、添加物を採り入れるよりも、何倍、何十倍と悪い状態になってしまっていますよね。
皮肉なことですが、まだ添加物を採り入れたほうがマシだったかもしれません。

お腹がペコペコに空いたら何でも美味しい

昔から、人間は無害で純粋なものばかりを食べて生きてきたわけではないのだと思います。毒キノコを食べたり、腐ったものを食べたり、体に良くない食べ物もかなり食べて生きてきたのではないでしょうか。
衛生面だって、現代ほど進んではいなかったことでしょう。

人間の体は非常に精巧にできていて、体に害のあるものや不用なものは吐き気がして、口から出したり、下痢を起こして急に排世されたりという具合に、急いで体外に出してしまうように作られていますよね。
また、そうすることで体そのものも学習しているのだと思います。
体には、何も考えなくても自然に自分自身を守る力があるのですね。その本能は昔も今も変わりはないでしょう。

そう考えると、現代の人ばかりが危険なものを食べているというわけでもないのではないでしょうか。

添加物も、管轄する国の機関がきちんと検査をして、体にそう影響がないという判断のもとで売られていることは間違いないのでしょうから、ある程度は安心して食事をしても構わないのではないかと思います。
それよりも、添加物のことでクヨクヨ悩んだりするほうが体に悪いので、精いっぱい働いて、体を動かし、皆と楽しく過ごせるように努力すれば、お腹はペコペコに空くものですよね。
そうなれば、「美味しい、美味しい」と言って食事をすることができるはずです。

何を食べれば良いのかということで頭を悩ませるよりも、その時、家族の皆と、友だちどうしと、「ああ、美味しい、ああ、美味しい」と言いながら楽しく食べるほうが、何倍も体に良いと思いませんか。

「何を食べるか」ということももちろん大切ですが、それにこだわり過ぎず、気にし過ぎず、それ以上に「楽しく、感謝して食べる」ということが、とても大切なことです。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る