「今」が幸せなら、「未来」も幸せ

「今」が幸せなら、「未来」も幸せ

「あなたは、何を、幸せと感じますか?」
こう問われると、どうでしょうか。

「お金を儲けて、買いたい物をたくさん買うこと」
「立派な家に住むこと」
「車を何台も所有すること」
「仕事で成功して、地位や名誉を手にすること」
「好きなだけ旅行をすること」
「美味しいものをお腹いっぱい食べること」
「異性にモテること」

あげればキリがありませんね。
しかし、もしこれらがかなえられたとしても、それが永久的な幸せにつながると言い切れるでしょうか。
確かに、瞬間的には「嬉しい」「楽しい」「幸せだ」という気持ちに包まれるかもしれませんが、そうした気持ちは時間の経過とともに薄れていくものなのではないでしょうか。
果たして、それで生涯を幸せに送れるための条件を、すべて満たしたということになるのでしょうか。

この秋は水か嵐か知らねども
今日のつとめに田草とるなり

これは、江戸後期に生きた、農政家であり思想家であった、二宮尊徳という人物が残した言葉です。
意味をそのままとらえると、「この秋は、大水が出るか、嵐が来るかわからない。だが、私は自分の仕事として、夏の草取りをする」ということになります。
しかし、この二宮尊徳は、その後、「今日のつとめに幸あり」という奥深い言葉で結んでいるのだそうです。

「今」の連続が人生となる

「今日のつとめに幸あり」
すなわち、今この瞬間を幸せと感じられさえすれば、明日も、明後日も、そして未来もずっと、幸福感を感じて生きていけるということです。

なぜなら、人生というものは、「今」の連続で織りなされているからですね。

この、「今の幸せ」を感じるためには、やはり生きがいを持つことですよね。
何らかの形で人から直接的に感謝されたり、「世のため、人のために、自分は役立っている」という実感を持てることが、最も幸せなことなのではないでしょうか。
あるいは、心がワクワクするような趣味を持っていれば、それだけでも幸せな気持ちをキープすることができます。
また、日々の仕事の中にやりがいを見いだし、それに没頭していくことも幸せなことですよね。

それらは、決して「お金を手にする」ことや「美味しいものをいっぱい食べること」で成し遂げられることではありませんよね。なにも、そんなことが、人生を幸せなものにする条件ではないということが分かるはずです。

恒久的な幸せとは、何なのか──。
胸に手を当てて、よく考えてみたいものです。
そして、今日、「今この瞬間」から幸せを感じられるよう、自分なりの工夫を始めてみたいものですね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る