「いい人」でないほうがいい?

「いい人」でないほうがいい?

「他人に合わせすぎて、疲れる」

「人から物事を頼まれると、イヤとは言えない」

「嫌われたくないから、なかなか自分の意見を言えない」

こんな人、いますよね。
人間関係が崩れることを恐れて、どんなにイヤなことであっても、頼まれたらつい引き受けてしまったり、反対意見を言うと嫌われるんじゃないかと思って、自分の意見を押し殺してしまう、そんな人も少なくないでしょう。

とかく人は、自分に自信がないものです。
人に嫌われたくない」という気持ちは、誰もが大なり小なり持っているのではないでしょうか。
でも、そんな不安な気持ちをためこんで、無理をして「いい人」でいたとしても、表情はひきつり、ストレスを抱えるだけですよね。

孔子の言葉に、「してどうぜず」というものがあります。
これはもう読んで字のごとく、説明する必要もないとは思いますが、「和す」とは周囲の人と仲良くすることを意味し、「周囲と協調はしても、むやみに同調せず、主体性を持って生きる」という意味なのだそうです。

「人と仲良く」と「自分らしく」を絶妙なバランスで保つ

自分の主張をはっきりと述べて、それで壊れてしまうような人間関係なのだとしたら、もともとそれだけのつながりでしかなかった、ということです。それは本当の意味で「仲が良い」とは言いませんよね。いわゆる、うわべだけの付き合いです。

むしろ、無理をしてまでそんな「いい人」でいたら、自分が苦しいだけで、その人と本当に本音で付き合えるかどうかを見きわめる機会をどんどん逃していってしまいます。

最初は勇気がいるかもしれませんが、自分が言いたいことをはっきりと言い、イヤなことはイヤと言うことは、自分自身の中で自信が芽生えることにもつながるし、相手も同じように言いたいことが言える環境を作ってあげることにもなります。
そうなると両者の間に安心が生まれ、孔子の言う「和して同ぜず」が成立することになります。

人間関係にひびが入ることを恐れていては、いつまでも自分らしさを発揮することはできません。
結果を気にせず、自分の意志を貫くという堂々とした姿勢が、「人と仲良く」と「自分らしく」を絶妙なバランスで保つことになります。

こうなればしめたもので、もう自分を押し殺す必要がなくなります。

「ノーと言える○○○」などという言葉が一時期流行りましたが、これぞまさに、末永く他者と対等に付き合っていく原則になるのだと思います。

関連記事

PickUp

  1. 「可能思考」と「不可能思考」
    何か大きなことをやってみたい。こういった人生を歩んでみたい。日々、大きな夢や理想を描いて…
  2. 聞き上手が「運」をもたらす
    以前いた会社に、トップの営業成績を誇る女性がいました。何年もずっと変わらず、好成績をキープし続け…
  3. 非難や冷笑を受けても、非常識を貫く人
    いま常識だとされていることが、昔は非常識だったということは、たくさんありますね。あるいは、いま常…
  4. ムダなことは、一つもない
    かの豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎と呼ばれていた頃のことです。ある日、足軽大将になった藤吉郎が、…
  5. 人から感謝されると、自分を好きになれる
    自分のことが嫌いになることって、ありますよね。やることなすことすべて裏目に出るようなときには、「…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う

    2016/3/31

    桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。…
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る