「〜してもらっていいですか?」

「〜してもらっていいですか?」

皆さんは、気になりませんか?
〜してもらっていいですか?」、あるいは「〜してもらってもいいですか?」という言葉づかい。

使う側は、あえて表現を柔らかくして、親近感を出しているのかもしれませんが、これが妙にひっかかるのです。

「〜してもらう」とか「〜いいですか」は、自分が中心になった言葉ですし、相手に対して一方的に都合を聞いているようで、失礼にあたると思うのです。
場合によっては冷たい響きをもちますし、聞かれる側はまるで選択の余地がないかのような……。

目上の方から「〜してもらえるかな」と言われるのは、あまり違和感を感じないですが、それと同じ表現を、部下や年下の方から言われると、ちょっとひっかかりますよね。

依頼したり、お願いをするということでしたら、「〜してくださいますか?」「〜していただくことは可能ですか?」といった表現が良いと思いませんか。

皆さんは、どうでしょうか。
年下か、あるいは部下の人から「明日使う書類ですが、○○まで持ってきてもらってもいいですか?」と言われて、どこかひっかかりを覚えませんか。
「偉そうな言葉づかいをするな」と思ってしまう人も多いと思います。

これを、「書類は○○までお持ちくださいますか?」あるいは「お持ちいただけますでしょうか?」といった表現にできると、聞く側も心地良いですよね。

聞く側がどう感じるかを考える

よほど仲の良い間柄などでしたら、「〜もらってもいいですか?」で済むと思いますが、組織の中では適度な距離を置くほうが人間関係も円滑にいくと思いますしね。
馴れ馴れしさは禁物だと思います。

たとえば、企画書を作ったときなど、上司に見てもらいたいときには、「企画書、見てもらってもいいですか?」という表現ではなく、「企画書を見ていただけますか?」のほうが丁寧ですね。
さらには「見る」を尊敬語の「ご覧になる」にして「企画書をご覧くださいますか?」、さらに柔らかさを出して「ご覧いただくことは可能でしょうか?」「企画書にお目通しいただくことはできますでしょうか?」など、いろいろなパターンが考えられますが、行き過ぎた敬語表現を用いなければ、相手が気持ちよく聞ける表現を心がけたほうが良いに決まっています。

たとえば、「得意先に一緒に行ってもらってもいいですか?」などは、「得意先にご同行願えますか?」が良いでしょうし、さらに丁寧にするには、「お忙しいところ申し訳ございませんが、得意先にご同行願えませんでしょうか?」というところまで言えたら、依頼される側も気持ちよく受け入れることができると思います。

ちょっとしたことかもしれませんが、それを聞く側がどう感じるのかということを考えることはとても大切なことですね。

関連記事

PickUp

  1. 人は、前向きな話をしてくれる人を好く
    こんな人がいます。 「あなたは今日も元気そうですね。私も元気になりました」 「その件については、…
  2. 「何をやるべきか」より、「何をやりたいか」
    私たちは生きていると、ときとして重大な選択を強いられることがあります。 「職種Aの道に進むのが…
  3. 「能力不足」ではなく「行動不足」
    人よりも優秀な頭脳を持っていて、ひらめきやアイディアも豊富に持ち合わせていながら、自分ではなかなか成…
  4. 昔の感動体験を思い出してみよう
    私たちは、子どもの頃から歳を重ねれば重ねるほどに、成功した体験、あるいは失敗した体験を、さまざまな形…
  5. 「世界的な企業」の創業者がやったこと
    「世界的な企業」と呼ばれる、名だたる企業の創業者とされる人たちがいます。 この創業者らには、共通し…

新刊、発売開始しました。

今日から変わる。ちょっとずつ。

ムズカシイことなんていらない

人は誰でも、何か事あるたびに、「自分の人生はなぜ思うようにならないのだろう」と考え、そして悩みます。
それは、能力や努力不足に問題があるのではなく、その人の考え方(思い込み)に起因するところが大きいと言えます。
本書には、私たちがなかなか気づかなかった、迷いからの脱出口を発見できるよう、できるだけヒントを挿入していったつもりです。

おすすめ記事

  1. 桜の花に思う
    早いもので、もう桜の時期ですね。 報道によれば、すでにその壮麗な姿が人々の目を和ませてくれているよ…
  2. 体温を上げると、何がいいの?
    体を温めると病気になりにくいとか、体温が低いとがんになりやすいなどといった声も、ここ数年でよく聞かれ…
  3. 禁煙に「手遅れ」はある?
    私はタバコを吸わないのですが、喫煙している人を見ると、本当に美味しそうに吸っています。 中には、わ…
  4. アルツハイマー病に効く漢方薬がある!?
    前回記事で、アルツハイマー病について書きました。 簡単な内容ですが、参考になるのではと思います。 …
  5. [アルツハイマー病]かかりやすい人、かかりにくい人
    近年、特によく聞くようになった、アルツハイマーという病気。 私の知人にも数名、この病を患う方がいま…

アーカイブ

ページ上部へ戻る